イベント・お知らせ

  • 周辺観光

文学・文豪ゆかりの地をめぐろう【熱海温泉編】
文学・文豪ゆかりの地をめぐろう【熱海温泉編】
文豪の気持ちに思いをはせて

なぜ文豪と温泉には深い関係があるのでしょうか。

名作の舞台となった温泉も少なくありません。
静かで集中できる環境にあり、疲れたら温泉でリフレッシュできる温泉地は、執筆活動に最適なのかもしれませんね。

また温泉には、居住地とは違う気候の温泉地へ行くことで心身に適度な刺激が与えられ、気候順化機能で心や身体の状態が整う「転地効果」もあると言われています。


大江戸温泉物語 あたみの近くの文豪の足跡をご紹介します。

ぜひゆかりの地をめぐり、文豪の気持ちに思いをはせてみてはいかがでしょうか。

起雲閣(きうんかく)

「熱海の三大別荘」起雲閣
「熱海の三大別荘」起雲閣

1919年(大正8年)に築かれた別荘で、岩崎別荘、住友別荘とともに「熱海の三大別荘」と賞賛されました。

広々とした庭園は池泉回遊式庭園で、街中にいることを忘れるほどの緑豊かです。和館「麒麟・大鳳」(きりん・たいほう)は日本家屋独特の美しさが特徴で、洋館は日本、中国、欧州などさまざまな様式を融合した独特の雰囲気が魅力でです。

戦後、起雲閣は旅館として運営されるようになり、熱海を代表する名旅館として数多くの文豪も宿泊しています。


この宿を愛した文豪は、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、山本有三、武田泰淳などです。2000年(平成12年)より熱海市の所有となり、一部の部屋は、貸出施設として有料で利用できます。

和館「麒麟・大鳳」
和館「麒麟・大鳳」
洋館「玉姫」
洋館「玉姫」

志賀直哉(しが なおや)について

宮城県石巻町生まれの小説家で「小説の神様」とも称される志賀直哉。2021年には、没後50年を迎えます。

武者小路実篤や有島武郎、柳宗悦らと同人雑誌「白樺」を創刊。「白樺派」を代表する作家でもあります。徹底して無駄のない描写、実生活の問題を見据えた小説を多数発表。

代表作は「和解」「城の崎にて」「暗夜行路」などがあります。熱海にも来訪し名邸・起雲閣へ宿泊しました。

太宰治(だざい おさむ)について

青森県生まれの太宰治は、「斜陽」「人間失格」のような滅びの美を描く作品から「走れメロス」のような明るい人間賛歌の小説まで、幅広い作風が特徴です。

私生活では恋多き男性であり、最期は愛人と入水自殺をしました。一緒に熱海で遊んだ檀一雄を借金のカタに残して帰京したきり戻ってこず、井伏鱒二と東京で将棋を指していた「熱海事件」はあまりにも有名です。この事件は「走れメロス」を書くきっかけとなったとも言われています。

山本有三(やまもと ゆうぞう)について

栃木県に生まれた山本有三は、有名な小説家・劇作家です。大正期には劇作家として活躍していましたが、小説の世界に進出。

代表作「路傍の石(ろぼうのいし)」等を執筆しました。子どもの向けの教養書「日本少国民文庫」の編纂(へんさん)や国語教科書の編集にも取り組み、参議院議員を務めた時期もありました。山本有三も、起雲閣を訪れていたそうです。

谷崎潤一郎が愛した仏蘭西洋菓子店「MONT BLANC(モンブラン)

パイセット
パイセット

谷崎潤一郎がこよなく愛していたフランス洋菓子店。

谷崎のお気に入りは、ほろ苦いエスプレッソを生地とバタークリームに使用した「モカロール」でした。
しっかりした苦味のエスプレッソコーヒーを生地・バタークリーム両方に使用し、大人の味に仕上げた一品です。熱海に別荘を所有し、執筆活動をしていた谷崎は、執筆後にいつもモカロールを注文していたそうです。


文豪の愛したスイーツ・モカロール。
気になる方はぜひお試しを。

谷崎潤一郎(たにざき じゅんいちろう)について

東京に生まれた谷崎潤一郎は、明治末期から昭和中期までの長きにわたり、小説家として活躍した人です。

関東大震災後は関西を拠点として生活していましたが、最終的には熱海の伊豆山で静養を続けて生涯を終えました。

代表作は「痴人の愛」「細雪」「春琴抄」や随筆の「陰翳礼讃」など。

塩原温泉には、36歳の夏から秋にかけて約1ヶ月間と、72歳の時に1回の合計2回訪れています。

三島由紀夫のお気に入り「ボンネット」

熱海の老舗喫茶店「ボンネット」。店内は、まさに昭和レトロな「喫茶店」で、落ち着きのある雰囲気です。

この店の看板メニューは、熱海でいち早く提供したというオリジナルのハンバーガー。米軍キャンプで食べて衝撃を受けたマスターオリジナルです。ジューシーなハンバーガーは、三島由紀夫のお気に入りだったそうです。店に通ってハンバーガーをほおばっていた三島の姿を思い浮かべつつ、変わらぬ味を堪能するのもいいですね。

マスターが米軍キャンプで知ったハンバーガーに衝撃を受け、オリジナルハンバーガーを考案。三島由紀夫が「このハンバーガーが一番美味い」と足繁く通ったという。今も当時と変わらぬスタイルで提供しています。

三島由紀夫(みしま ゆきお)について

東京都・四谷生まれの小説家・劇作家。

10代前半から小説を発表し、21歳で川端康成推薦で短編「煙草(たばこ)」を発表。長編小説「仮面の告白」で作家としての地位を確立しました。代表作は「金閣寺」「 潮騒」「豊饒の海」など。

1970年、自衛隊市ヶ谷駐屯地にて決起を呼びかけたが叶わず、総監室で割腹自殺を遂げるというショッキングな最期を迎えました。

坪内逍遙の旧居「双柿舎(そうししゃ)

書斎(本館2階)
書斎(本館2階)

明治の文豪・劇作家・評論家の坪内逍遙が晩年の15年間を過ごした場所。

庭に2本の柿の大きな古木があることからこの名が付けられました。双柿舎に引っ越す前の坪内は、現在の銀座町に住んでいました。

銀座町ではシェークスピア劇の翻訳や、戯曲「名残の星月夜」などの執筆に専念。しかし銀座町はだんだんと騒がしくなってしまったため、執筆活動に集中できなくなり閑静な場所を探すことになり、双柿舎に落ち着いたのだそうです。


庭園と塔の形をした書屋は見学可能。門には、会津八一の筆による扁額があり見応えがありますよ。

坪内逍遙(つぼうち しょうよう)について

明治から昭和にかけて活躍した小説家・評論家。

母の影響で芝居に親しみ、上京後はシェークスピアなどの西洋文学に触れ、刺激を受けました。

文学論「小説神髄」や小説「当世書生気質(かたぎ)」を発表し、写実主義を唱え、日本近代文学の先駆けとなりました。また、演劇革新に集中するとともに、文芸誌「早稲田文学」を創刊して多くの後輩を育成。晩年は熱海に自宅を構え、余生を過ごしました。

金色夜叉の舞台となった「お宮の松/貫一お宮の像」

お宮の松
お宮の松
貫一・お宮の像
貫一・お宮の像

「金色夜叉」は、 熱海の地を一躍有名にした尾崎紅葉の連載小説です。
この小説に登場する「お宮の松」と当時流行した熱海の歌謡が相まって爆発的な人気に。

当時の人たちは、主人公の貫一・お宮が存在するかのような気持ちになったそうです。現在は2代目のお宮の松と、貫一・お宮の像はどちらも海岸沿いにあり、熱海の中でも屈指の観光スポットとして写真撮影をする人も多くみられます。ぜひ熱海を訪れた記念撮影をどうぞ。

尾崎紅葉(おざき こうよう)について

作家・俳人として活躍した尾崎紅葉は、山田美妙らと硯友社を結成し、機関誌「我楽多文庫」を発行して文筆活動を開始しました。

出世作は「二人比丘尼色懺悔」で「伽羅枕」「多情多恨」なども知られている作品です。

代表作の1つで塩原温泉も登場する「金色夜叉」は、病没のため未完のまま。塩原温泉には3泊4日の日程で訪れ、その様子をかなり詳細に手記「塩原紀行」に書き記しています。

佐佐木信綱の旧宅「凌寒荘(りょうかんそう)

凌寒荘 庭園は入園料無料
庭園は入園料無料

歌人・国文学者の佐佐木信綱が、病気療養の地として温暖な熱海に移住することを決め、晩年を過ごした旧宅。

佐佐木は「万葉集」の研究者として優れた業績を残していることで有名です。

残念ながら建物の内部には立ち入れませんが、庭園には「万葉集」ゆかりの植物が数多く植栽されえいて見応えがあります。歌人でもある佐佐木が詠んだ歌とその説明を記した板も配置されているので、和かに興味のある方は要チェックです。


佐佐木は20年近くこの地で静養しながら執筆活動を続け、1963年(昭和38年)にこの地で生涯を終えました。

佐佐木信綱(ささき のぶつな)について

三重県生まれの佐佐木信綱は、歌人・国文学者として有名です。

学者としては歌学史、和歌史、歌謡史を研究し、特に「万葉集」は生涯の研究主題として、近代の万葉学樹立にも多大な貢献をしています。

歌人としては、機関誌「心の花」を創刊。歌集も「思草」など数週を発表しています。晩年は熱海の西山に移り住み、悠々自適の生活を送りながら、生涯を国文学研究と作歌を続けたそうです。

文学・文豪ゆかりの地をめぐるときの楽しみ方をいくつかご紹介します。
以下から気になる楽しみ方を探してみてください。

旅館で温泉にゆかりのある小説を読む


● 文豪のプロフィールを事前に知っておく
● 温泉にゆかりのある小説を持参して旅館で読書
● 小説に出てくる場所の聖地めぐり
 

文豪が人生でどのような時期にその温泉地を訪れていたのかは、プロフィールを知ることで理解できます。旅館で温泉にゆかりのある小説を読むと、温泉地の風景が描写されていて、見に行きたいと思えばすぐに出かけて見に行くのも簡単です。

小説に出てくる場所を聖地として巡ると、小説の世界をよりリアルに感じられますよ。

 

▼公式サイトならお得にご予約いただけます▼

プラン検索はこちら

掲載情報は記事公開時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
ご利用の際は、事前に公式サイトなどでご確認ください。